極洋「だんどり上手」初のやわらか食・ムース食、「サーモンクリーム煮」など/19年春の新商品


極洋「だんどり上手 サーモンクリーム煮」

極洋「だんどり上手 サーモンクリーム煮」

自然解凍の揚げ物を拡充、家庭用冷食13品

極洋は27日、2019年春の新商品を発表した。業務用では「だんどり上手」シリーズからやわらか食・ムース食を初めて投入する。量販店水産・惣菜売場や病院・福祉施設給食向けには自然解凍の揚げ物を充実させた。市販用では家庭用冷食で食卓向け「えびカツ」、フローズンチルドで「シーマルシェ」ブランドからサラダフィッシュを新展開する。

当季新商品は市販用が23品、業務用が38品の合計61品。チャネル別では水産売場11品、惣菜売場8品、外食12品、病院・福祉給食11品、家庭用冷食売場13品、常温食品売場6品――。年間売り上げ目標は市販用34億円、業務用26億円の合計60億円。

開発のメーンコンセプトは「変化する食のマーケットに、わたしたちができること」。平均寿命の延伸、シニア人材活用、女性の社会進出が進む中、食の健康志向、簡便性志向が高まっていること、一方で就業者数の増加に対して、量販店や飲食店、産業給食などの調理場では人手不足が課題となっており、調理の簡便化、時短ニーズがますます強まってることから、サブコンセプトとして〈1〉健康価値〈2〉時間価値〈3〉美味しさ価値――の3点を掲げた。

健康価値の観点から、業務用冷食で「かるしお銀鮭フィーレ」(8kg)を新発売。国立循環器病研究センターの「かるしお認定」を受けた商品。食塩カットしながら、昆布エキスを使用することでサケのおいしさを引き出している。介護食分野にも踏み込む。「だんどり上手 やわらかさば味噌煮」「同マンダイ煮付け」「同 サーモンクリーム煮」(各100g真空×10パック×5×2)は素材のおいしさはそのままに、切身の形を残しながら口中で容易につぶせるやわらかさが特徴。たれはとろみを持たせて飲み込みやすくし、食物繊維も配合した。生産工場は極洋食品ひたちなか工場(茨城)。

「だんどり上手 さば味噌煮ムース」「同 スケソウダラ煮付けムース」「同 さけほぐしムース」(250g×2本×20)は安全面から、離水しない仕上がりにこだわった。おいしさとともに食物繊維を配合して健康面にも配慮している。生産工場は国内協力工場(熊本)。

日本摂食嚥下リハビリテーション学会の「嚥下調整食学会分類2013」でやわらか食は嚥下調整食3~4、ムースは同1j に相当する。時間価値の観点から、自然解凍で食べられる「完全油ちょう」の揚げ物を充実。「カニカマ天ぷら」「いかチーズナゲット完全油ちょう」「白身磯辺天完全油ちょう」「白身フライ(完全油ちょう)」「あじフライ(完全油ちょう)」「ヤングコーン天ぷらRV」「さつまいも天ぷらRV」「なす天ぷらRV」――の8品を品ぞろえした。このうち野菜天ぷらはベトナム産原料を使用し、現地(ソクチャン)加工している。卵とじなどアレンジの使い勝手も提案して、水産・惣菜売場、施設給食ほか幅広く販売する。極洋ならではの美味しさにこだわった魚介商品も打ち出す。

「熟成白味噌漬魚」を個包装パックで展開する。「熟成銀だら白味噌漬け」「熟成カラスカレイ白味噌漬け」「熟成さわら白味噌漬け」「熟成銀ひらす白味噌漬け」「熟成ナイルパーチ白味噌漬け」(各1切×25×5)――の5アイテムをそろえた。広島の協力工場で生産。味噌も地元、金光味噌の府中味噌を使用している。

「NEO まぐろたたきKF」(250g×20/500g×10)はマイナス18℃以下の一般冷凍庫で1年間の長期保管を可能にした商品。解凍後の色目も鮮やかなのが特徴。

家庭用冷食「えびカツ」(4個入120g)はエビをたっぷり使った1個30gの食べ応えあるエビカツ。品位を高めて食卓向けに提案する。市販フローズンチルドでは「ホットスモークサーモン」(60g)と「サラダサーモン」(1切)を提案する。前者は第19回ファストフィッシュ選定商品(水産庁)。厳選したチリ産ギンザケを風味豊かでやわらかい温燻に仕上げた。後者はシーマルシェブランドで展開。北海道産アキサケをスモークしオリーブオイル風味に仕上げた。いずれもエィペックス・キョクヨー(兵庫)で生産。サラダフィッシュは近日中に2品ほどアイテムを追加する計画だ。想定小売価格は298円。

〈冷食日報 2019年2月28日付〉

「ホットスモークサーモン」

極洋 フローズンチルド「ホットスモークサーモン」

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/frozen/2019/03/2019-0228-1744-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp