キユーピー、カット野菜検査にAI導入で作業者の負担軽減、効率も向上


AIを活用した自社開発の原料検査装置

AIを活用した自社開発の原料検査装置

キユーピーは、惣菜の原料となるカット野菜の検査に、AIを活用した自社開発の原料検査装置を導入し、運用を開始した。惣菜の原料であるカット野菜の検査に活用するのはグループ初。

導入を開始したのは、ポテトサラダなどに使用するいちょう切りのニンジンの検査工程。惣菜の製造・販売を行っているデリア食品の惣菜工場に1月から導入した。ニンジンの検査工程では、いちょう切りに加工されたニンジンを目視で検査し、規定外の形状や変色したもの、原料に混入した夾雑物などを取り除いているが、作業者の身体的負担が大きい。そこで、この工程を自動化し、作業効率を向上させ、かつ“働く人にやさしい”工程に進化させるのが狙い。

この原料検査装置の特徴は、ディープラーニングを活用した画像解析による良品選別のメカニズム。従来の原料検査装置では、色差などの画像処理で不良品のパターンを学習させる手法が一般的だが、変色や変形、さまざまな夾雑物など不良のパターンが無限にあることから、精度の問題があった。一方、この原料検査装置は、発想を逆転し、AIに良品のパターンを学習させた。これにより、「良品以外」をすべて「不良」として検出することが可能になり、精度が飛躍的に向上した。

〈食品産業新聞 2019年2月28日号〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/seasoning/2019/02/2019-0227-1630-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp