ビジョンバイオ、「原材料純度確認検査」「微生物叢検査」リリース


米麦日報 2018年12月6日付

米麦日報 2018年12月6日付

ビジョンバイオ(株)(福岡県久留米市、塚脇博夫社長)はこのほど、新サービス「原材料純度確認検査」「微生物叢検査」を開始した。

「原材料純度確認検査」は食品中のDNAを網羅的に把握する検査で、単一原料を謳う食品の単一性を証明できるほか、複数原料製品の配合比率を調べることができる。また、「微生物叢検査」は食品中に含まれる全微生物の存在比率を調べることができる。

同社は「これまでも単一原料のDNA検査は行っていたが、複数原料を使っている食品のDNA分析は初のこと。例えば、『原材料純度確認検査』では雑穀米に想定していない原料が入っていないかどうかを調べることができ、『微生物叢検査』は醸造などが必要な発酵食品の品質を担保できる。商品開発や付加価値向上にご活用戴きたい」としている。

〈米麦日報 2018年12月6日付より〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/rice/2018/12/2018-1206-1059-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp