6月10日現在の米国大豆作付率93%、発芽率83%と進捗/米農務省


6月10日現在の米国大豆作付率93%、発芽率83%と進捗/米農務省

米農務省が6月11日に発表した、6月10日現在の米国大豆作付率は、主要18州平均で93%(前週87%、前年91%、平年85%)となり、前年を2ポイント、平年を8ポイント上回った。

同日現在の米国大豆発芽率は83%(前週68%、前年74%、平年69%)と、前年を9ポイント、平年を14ポイント上回った。

〈大豆油糧日報 2018年6月13日付より〉

【関連記事】
・米国大豆3団体が中国の報復措置案に声明発表、大豆などに25%関税引き上げ「米国大豆生産者に壊滅的な影響」
・18年産米国大豆作付意向面積、1%減の8,898万Aと頭打ち-米農務省
・USSECが大豆セミナー開催、インフォーマ社が世界・米国の動向を解説
・納豆業界と米国生産者が「納豆サミット」開催、GMO表示厳格化などで意見交換

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/soy/2018/06/2018-0612-1940-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp