新中計「MVIP+(プラス)2020」、独自の技術を活かし価値の創造を/日本水産


冷食日報 2018年5月15日付

冷食日報 2018年5月15日付

20年度売上高7,560億円、営業利益290億円、純利益220億円

日本水産は14日、新中期経営計画「MVIP+(プラス)2020」を発表した。

15年度からスタートした前中計「MVIP2017」では、「変化に対応し、差別化できる独自の技術力を持つメーカー」を目指し、〈1〉成長に向けた積極的な投資、〈2〉資源アクセス力の強化、〈3〉健康機能食品・高付加価値商品の提供、〈4〉海外でのパフォーマンスの拡大、に取り組み、また、CSR に根差した経営を推進し、「MVIP2017」で設定したKPI をすべて達成。

新中計ではこの「MVIP2017」の流れを踏襲し、持続的な成長と更なる企業価値向上を実現するため「新しい価値」をプラスした新中期経営計画「MVIP+(プラス)2020」を策定。新中計の基本的な考え方は、「独自の技術を活かし価値を創造するメーカーを目指す ~持続可能な水産資源から世界の人々を健康に~」。

新中計が目標とするKPI は、
▽売上高(20年度)=7,560億円(17年度6,830億円)増減率111%
▽営業利益=290億円(234億円)123%
▽経常利益=320億円(248億円)129%
▽当期純利益=220億円(173億円)127%

〈冷食日報 2018年5月15日付より〉

【関連記事】
・日々昨日よりも良い会社になることを考える会社に/日本水産・的埜明世新社長
・〈凍菜リレー月報〉日本水産、枝豆シェア圧倒的No.1へ足固め 品ぞろえ拡充 EUホウレン草、国産ケール
・完全養殖本マグロ「喜鮪(きつな)金ラベル」出荷/日本水産
・日本水産協賛 第36回「海とさかな」自由研究・作品コンクール表彰式 応募数は3万1622点

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/frozen/2018/05/2018-0514-1821-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp