今年もブランド価値育成に努める~MHD 新社長ブルノ・イヴォン氏が会見


MHD モエ ヘネシーディアジオ代表取締役社長 ブルノ・イヴォン氏

MHD モエ ヘネシーディアジオ 代表取締役社長ブルノ・イヴォン氏

MHD モエ ヘネシーディアジオ代表取締役社長ブルノ・イヴォン氏は9日、同社で会見し、「2017年は外的環境も良く、良い成績を上げられた。今年も引き続き、シャンパーニュやシングルモルトに注力し、長期的成長に向けた活動を展開していく」と話した。

【昨年の概況】 当社の主力製品であるシャンパーニュやウイスキーは、日本市場でも引き続きトレンドだ。経済状況も整い、良い成績を残せた。

シャンパーニュ「モエ エ シャンドン」では6月に、世界50カ国で「モエ パーティ・デイ」を開催。東京でも、モエのフルラインナップを揃え、どんなオケーションにもあう楽しみ方を紹介した。「ドン ペリニヨン」では、ブランドとしては初となる日本人クリエイター吉岡徳仁氏とコラボレーションした「ドン ペリニヨン by吉岡徳仁 限定ギフトボックス」を9月に発売。ウイスキーは、シングルモルトをリローンチし、いい成績を残せた。

【今年の目標】 昨年から続く成長を継続させるとともに、長期的なブランド価値育成に向けての活動を展開していく。

スパークリングワイン「シャンドン」では、春の「お花見シャンドン」、秋の「もみじプロモーション」に加え、夏に「祭りde シャンドン」もスタートさせる。

スティルワインでは、ナパ「ニュートン」から昨年発売したシングルヴィンテージシリーズを、ブランドを代表するシリーズに育てる。ソーヴィニヨン・ブランに定評あるニュージーランド「クラウディベイ」は、ピノ・ノワールにフォーカスしたい。

アルゼンチン「テラザス」では、食、なかでも牛肉とのペアリングを提案していく。

【並行輸入品のロット番号削除問題】 ペイトン前社長に続き、私も欧州ビジネス協会(EBC)のチェアマンとして、消費者安全のため、国税庁や酒類業界団体らとともに継続して働きかけていく。

【就任から5カ月を迎えて】 アジアに20年いたので、日本市場がラグジュアリーなセグメントにおいて素晴らしい市場であることは承知している。知識が豊富で洗練された消費者が多く、チャンスの多い市場だと思う。

今後も、ひとつひとつのブランドが持つ価値を伝え、「デザイアブル」(欲しがってもらえる)なブランド価値構築に重点を置く。将来的にも、プレミアム、スーパープレミアムなポートフォリオは引き続き好調が続くと楽観している。

【4月からの値上げについて】 コストアップが最大の要因だが、世界的な需要の高まりによるところも大きい。値上げによる影響は、過去同様、長期的にみれば大きくはならないだろう。

〈酒類飲料日報 2018年2月13日付より〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/liquor/2018/02/2018-0213-1130-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp