ドトールコーヒー代表取締役のトップセミナー

チルド牛肉の年度累計16%増、トリガー残枠4.5万t-財務省告示


チルド牛肉の年度累計16%増、トリガー残枠4.5万t-財務省告示

財務省が17年12月28日付官報で告示した、17年度(4~11月累計)の豚肉・牛肉の輸入基準数量によると、11月までのチルド牛肉の輸入量は18.6万tで前年同期比16.1%増となった。この結果、17年度第3四半期の関税緊急措置発動基準数量(トリガー数量)に対する残枠は4.5万tとなった。12月が通常の輸入ペースであれば21万tを下回る形で同期を終えそうだ。そのほか、チルド牛肉の協定対象外の輸入は10.2万tで同30.9%増、フローズン牛肉は22.1万t・同9.7%増、協定対象外で9.3万t・11.4%増だった。

一方、豚肉は55.4万tで同7.4%増加。第3四半期トリガーに対して残りは12.9万tと、概ね1.8カ月分のボリュームとなっている。

〈畜産日報 2018年1月10日付より〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/meat/2018/01/2018-0110-1035-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp