【有楽製菓】ブラックサンダー技術体験インターンシップ(工学部系)


有楽製菓(株)

【1泊2日】工場を創る業務を体験する【エンジニア業務】

【開催地域】愛知
【開催時期】2016年2月初旬
【応募締切】12月31日
<応募受付は終了いたしました。たくさんのご応募ありがとうございました!>

▼関連記事


インターンシップ実施概要

当社の主力製品「ブラックサンダー」の製造は2011年に
竣工した豊橋夢工場で行われています。

その規模は年間1億4,000万個を超えても、まだまだ増産中です。

大ヒットのお蔭で、一見商品力やマーケティングが目立ちますが、当社のキーマンは、間違いなく、実は「エンジニア」です。

拡大し続ける生産量を支える高度な生産設備の数々を管理していくのが、当社エンジニアの使命です。

当社のエンジニアの特徴は、最新鋭のマシンを使い倒して(!)、
業界屈指の生産ラインを実現することにあります。

そのために、世界のトップレベルのマシンの投入の企画検討から
エンジニアは参画していきます。
エンジニア部門の責任者は、海外の機械メーカーの工場視察も担当します。

そして、我々のエンジニアのキャリアの行く末は、
生産ラインのみならず工場の全体設計にも及びます。

当社のエンジニアの仕事は、自分の学んだ工業系の知識・スキルを活かし
業界の常識を覆す仕事とも言えるかもしれません。

自分の創造した機械が実現したら、ワクワクしませんか?
自分が描いた工場が実現したら、もっとワクワクしませんか?

そんな仕事の一部を今回のコースで体験してもらいます。

【就業体験内容】

インターンシップのタイムスケジュール
1日目午前:食品業界について
      有楽製菓の存在意義と価値観の共有
   午後:製造技術課の先輩社員による職務説明
     :エンジニアと工場巡回(工場見学の要素を含む)
     :「インターンシップワーク その1」

2日目午前:朝礼
     :「インターンシップワーク その1」の発表
     :エンジニアとの意見交換
2日目午後:インターンシップワーク その2
     :インターンシップを受けての意見交換
     :17:10 終了

※インターンシップワークは、ブラックサンダーのラインに関する改善提案や
 新規生産ライン(工場)等の設計の疑似体験を予定しております。
 リーダークラスの社員はもちろん、生産部責任者も参画を検討しています。

今回のインターンシップで得られること
・食品メーカーでのエンジニアの役割
・実務で求められる知識とスキル
・新生産システム(新規プロジェクト)の立ち上げフロー&マネジメントスキル
・学生と社会人の意識の違いと他者との関わり方 等

【応募締切日】

2015年12月31日

【参加条件】

工学部系(機械・電気・電子情報・メカトロニクス等)学部・学科の方
理由:今回のプラグラムは機械設備等の取り扱う関係上、工学系の基本知識がないと成り立たない為

【開催地域】

愛知

【実施場所】

豊橋夢工場:愛知県豊橋市
※最寄駅:JR東海道本線「新所原駅」から徒歩20分

【開催時期】

2016年2月初旬

【受入期間】

2日間(1泊2日)

【受入人数】

最大15名

【報酬】

報酬なし
交通費・宿泊費/全額負担
昼食代/弊社負担

※出典:job.mynavi.jp/17

→インターンシップのお申し込みはこちらから

※(参考)有楽製菓株式会社(マイナビ2017)※外部リンク

※掲載時の情報と異なる場合がございますので必ず詳細確認の上でご応募ください

image byFreepikによるデザイン