【インターンシップ情報】セブンフーズ株式会社


セブンフーズ株式会社のインターンシップ

農場スタッフとして学ぶ、ビジネス型農場経営とは?!

・実施日数:1週間程度
・開始日(場所):2016年9月随時、2017年2月随時(熊本)
・エントリー締切:2017年1月31日

インターンシップ実施概要

業界に先駆けて「環境保全」を重視した養豚システムを柱に、食品リサイクルや動物福祉などを含め、地域や他産業との連携による、循環型農場経営を行っています。
数日の就業を通じて、農場経営を体験してませんか?

>実施内容詳細

食と環境と人の未来のための”循環型農場経営”を目指している当社。
世界初、独自の発酵処理システムを確立し、特許も取得し、
最新設備と発酵床で、環境に配慮した農場を運営しています。

≪独自の発酵処理システム≫
バイオベッド(踏み込み式発酵床)を利用した健康な豚の育成を行っています。
バイオベッド豚舎は臭気うあ汚水を抑制するとともに、自然環境に近く、
通常の豚舎より広いため豚の喜ぶ環境づくりに貢献しているシステムを開発し
特許も取得しています。

≪循環型農場とは≫
工場から廃棄される未利用資源の多くは「産業廃棄物」扱いとなっています。
当社では飼料化での処分業の許可、また飼料化の許可を取得しています。
日本では食品を製造する過程や食品の流通段階で発生する食品残が年間1134万トン発生
しています。このような未利用資源を飼料化し、家畜のエサとして利用することは、
食品自給率の向上に寄与し、また地球にやさしい資源循環型社会を形成するためにも
重要だと考えているからです。

ぜひ私達と、3日~5日間の就業体験を通じて、農場で働く面白さややりがいを見つけましょう。

≪スケジュール予定≫1日~5日間
◯初日のみ
・オリエンテーション(お互いに自己紹介と目標設定。また注意事項などご連絡)

◯このような仕事を体験していただきます
基本的には先輩社員とペアになり、随時指導してもらいながら
業務遂行していただきます。
    
・豚の管理(交配、分娩、離乳後の子豚の管理、肥育豚の管理)
・発酵床および堆肥の管理
・自家配合の餌の管理
・リキッドフィーディング(液体飼料)の管理
・キャベツの栽培管理
などなど。

◯最終日
・振り返り&フィードバック
 この5日間の就業体験を通じて、学んだこと、また目標に対してどうだったかなど
 自己の振り返りを行っていただきます。
 またこちらからも、5日間を通じて感じたことのフィードバックをさせていただきます。

>実施場所詳細

本社
熊本県菊池市旭志麓迎原2105

>募集人数

5名程度

>資格・対象

2018年3月卒業見込の大学・大学院の方

>開催時期(予定)

2016年9月随時、2017年2月随時

>報酬・交通費

なし

>申込方法

エントリーはこちら!よりエントリーお願いします。
こちらより詳細日程が決まり次第、ご連絡させていただきます。

★出典:job.rikunabi.com/2018(←最新情報はこちら)

→インターンシップのエントリーはこちら

【参考】セブンフーズ株式会社について(リクナビ2018)

※掲載時の情報と異なる場合がございますので必ず詳細確認の上でご応募ください

image byFreepikによるデザイン