2017/06/24更新

採用担当者を唸らせた就職面接での逆質問とは


image byFreepikによるデザイン

就職活動をする上で一番大切なことが面接であることは言うまでもありませんが、その面接の最後に必ず聞かれる定番の言葉、「何かご質問はありますか?(逆質問)」について、就活生の皆さんはどんな対策をされていますか?

インターネットで調べると、逆質問では積極的に質問すべし!とか、こういう質問をしたら良いなどと色々書かれています。

しかしながら、受け答えを丸暗記して面接に向かったとしても、途中で頭が真っ白になってしまい、結局思い出せずに終わってしまった!というようなことが往々にしてあります。

今回はそんな定番の「逆質問」に対してどう対処すれば良いのか、またどんな質問が面接官の印象に残るのかを採用担当者である私の経験を元にお伝えしたいと思います。

本文の続きは会員登録後に閲覧することができます。
また会員になることでサントリーやグリコ、ハウス食品を始めとするトップ企業の攻略コンテンツがあわせて閲覧可能になります。

無料会員登録はこちら