【食品業界の時事問題】スーパーフードと食品企業


就活生のみなさんもスーパーフードという言葉をよく耳にするのではないでしょうか?とくに女性向けのファッション雑誌などには、話題のスーパーフードが紹介されていますよね。食品業界でも、スーパーフードは注目の商品です。今回は話題のスーパーフードについて紹介していきたいと思います。

スーパーフードとは?

スーパーフードに、厳密な定義はありません。一般社団法人日本スーパーフード協会では、下記のように定義しています。

・栄養バランスに優れ、一般的な食品より栄養価が高い食品であること。
 あるいは、ある一部の栄養・健康成分が突出して多く含まれる食品であること。

・一般的な食品とサプリメントの中間にくるような存在で、
 料理の食材としての用途と健康食品としての用途をあわせもつ。

※引用:一般社団法人 日本スーパーフード協会 公式サイト

このようにはっきりとした定義はありませんが、飛び抜けて健康にいいとされる食品が、スーパーフードとして認知されているようです。もしくは、食品企業の広告によって、スーパーフードという言葉が使われ、その結果としてスーパーフードとして認知されているというのが現状かもしれません。

少し前に、流行したスーパーフードといえば、チアシードやアサイーではないでしょうか。どちらも食品や飲料として販売されたため、比較的簡単に摂取しやすい商品でした。このように、スーパーフードは従来の薬っぽさのあるサプリメントに比べ、手軽に摂取しやすいように工夫されています。薬に抵抗のある消費者も、食事であれば抵抗なく摂取できますよね。

また、どちらの商品もそれほど高くなく、手頃な値段で入手できたこともヒットの理由といえるでしょう。最近では、海外セレブが利用したということで、日本ではあまり名前の聞いたことのないノニジュースやモリンガというスーパーフードが注目されました。このように、トレンド性のあるスーパーフードはなるべく早くトレンドを掴み、販売網に組み込んでいくことが重要です。

この続きを読むためには【無料会員登録】が必要になります。
会員登録後はサントリーやグリコ、ハウス食品など、人気企業の就活に役立つES回答例や企業研究コンテンツがあわせて閲覧可能です。 無料会員登録はこちら