食品業界のパイプ役「問屋業」から見た営業職の世界


image by Freepikによるデザイン

食品業界の営業職、そもそも何をする仕事?

食品業界志望のみなさんは「営業職」と聞くと、どんな仕事を思い浮かべますか?

商品を売る、販促用の企画を作る、顧客のアフターフォローをする、獲得した契約を自社内で迅速に処理する為の調整役となる、など一口に「営業」と言っても仕事は多岐に渡ります。

では、食品業界で働く営業マンの1日はどんなふうに過ぎていくのでしょうか?

営業は忙しい?それとも暇?とある食品営業マンの1日を見てみよう。

あくまで一例に過ぎませんが、ある問屋で働くAさんの1日を見てみましょう。

まず、基本的に朝は早いです。特に問屋業の場合、自社以外の商品も仕入れて売り込む為、メーカーからの商談を多く受けます。彼らはこちらの外回り前に来社されることが多いので、必然的に朝が早くなるのです。

本文の続きは会員登録後に閲覧することができます。
また会員になることでサントリーやグリコ、ハウス食品を始めとするトップ企業の攻略コンテンツがあわせて閲覧可能になります。

無料会員登録はこちら