食品業界でマーケティング職を目指すなら知っておくべき「ファブレス」とは?


image byFreepikによるデザイン

食品業界のファブレス、それは製造と販売の別れ…

就活生のみなさんは「ファブレス」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?ファブレスとは「工場を持たないで製品を販売する事業形態」のことで、いわゆる「外部委託」にあたります。

実は食品業界や化粧品業界では「製造の外部委託化」が進んでおり、自社工場を持っている会社であっても、価格や製造可能な品目・製造量の関係で他社に製造をまかせたり、結果として不要になった自社工場を閉鎖したりしているのです。

特に最近多いのは、医薬品メーカーや化学・化粧品メーカーの食品業界への参入ですが、こうした対応が可能となっているのは「受託製造企業」があるからといっても過言ではありません。

また、根っからの食品製造業であっても、パッケージの多様化や固形・液体・半生・その他などなど、形態の多様化を要因として、既存の設備だけでは市場のニーズに対応できなくなっているのが実態です。

ファブレスにおける食品開発はコンセプト立案とマーケティングが大事な理由

本文の続きは会員登録後に閲覧することができます。
また会員になることでサントリーやグリコ、ハウス食品を始めとするトップ企業の攻略コンテンツがあわせて閲覧可能になります。

無料会員登録はこちら