食品業界でゼネラリストとして活躍するには?大きく2つのキャリアパスについて解説


長い社会人生活の中で自身のキャリアについて考えることはとても大切です。就活では企業軸で仕事を探すことが多いかと思いますが、会社に入って仕事に慣れてくると、どういったキャリアを歩むべきか悩む時期が必ずあります。即ち、スペシャリストとしてその道のプロを目指すか、ゼネラリストとして幅広い分野で活躍できる人材を目指すか、大きくこの2通りの道が用意されています。今回は、後者のゼネラリストを目指す場合のキャリアについて考察していきたいと思います。

ゼネラリストとは?食品業界の職種もおさらい

まずは、ゼネラリストについて理解をする必要があります。ゼネラリストとは、特定の分野に限定しないオールマイティな経験や知識、技術を持つ人を指します。しかしながら、全ての分野で60点程度の実力は発揮できる必要があり、浅すぎず各分野でそれなりのキャリアが必要です。まずは、食品業界における仕事について理解する必要がありますので、代表的な職種について、以下の通り紹介したいと思います。

研究開発

技術者として、既存の商品の改良と新しい商品の開発を行います。食品分析や栄養学について知見を深めます。新しい業界への基礎研究等に携わることができれば、その分野の有識者として有名になることもできるでしょう。

マーケティング

市場調査・分析、ブランド・商品戦略、広告戦略を行い、自社の商品が売れる仕組み作りを行います。マーケティング学への知見を深め、ビジネスのいろはを学ぶことができます。

この続きを読むためには【無料会員登録】が必要になります。
会員登録後はサントリーやグリコ、ハウス食品など、人気企業の就活に役立つES回答例や企業研究コンテンツがあわせて閲覧可能です。 無料会員登録はこちら