文系・理系問わず意識すべき「契約の世界」とは?


image byFreepikによるデザイン

契約というと、賃貸契約やアルバイトの契約の時に、細かな字で複数ページにわたり「甲は、乙は…」と記載してあるイメージを持たれていることでしょう。学生時代にはさほど気にならないものですが、社会人になれば「契約の世界」とは大なり小なり関わりを持つことになります。

そもそも就職時に会社と「雇用“契約”」を結ぶ

就活生の皆さんは、就職サイトで初任給や休日休暇などの情報をチェックしていると思います。

あまり意識していないかもしれませんが、実際のところ、そうした情報は会社側から「うちの雇用条件はこうなっていますが、この条件で働くことに同意できますか?(選考の結果、内定が出た時にその条件で承諾しますか?)」という事前の条件提示だったりします。

そのため、仮に「総合職・全国転勤可」の条件を提示され・それを承諾した人が「地域限定職・転勤無」の条件でないと働けない状態になり、それを放置することは、厳密にいえば契約違反になる場合があります。

そうした個人に関わる状態変化を、私たち労働者は会社へ必要に応じて申告し、契約条件の変更について交渉しなければならないこともあります。これを、専門的には契約更改と呼びます。

営業職の場合は…

本文の続きは会員登録後に閲覧することができます。
また会員になることでサントリーやグリコ、ハウス食品を始めとするトップ企業の攻略コンテンツがあわせて閲覧可能になります。

無料会員登録はこちら