就活生が面接前に知るべき食品メーカーの心臓部「食品工場」の秘密


あなたは食品メーカーにどのようなイメージを持っていますか?

就職活動中に食品メーカーのことを知るための情報源としては会社説明会と企業のホームページくらいではないでしょうか。食品メーカーの心臓部とも言える「食品工場」について、入社前に具体的なイメージを持つのはなかなか難しいことです。

私は食品メーカーで品質管理部に所属していたことから、自社だけでなく大手メーカーの食品工場や、町工場のような小さな食品工場にも訪問する機会が多くありました。

その経験から「実際の食品工場にはこのような一面もあるんです!」というようなことを紹介したいと思います。

自社工場だけで製造しているとは限らない!「OEM」とは?

OEMとは「委託した違う会社の工場で作られた製品を、自社の名前で販売すること」です。OEMで製造を委託するメリットは、自社のラインでは作れない商品を、委託会社のラインで製造することにより、作れる商品の幅が広がることにあります。つまり、お互いに製造できない商品は依頼しあって製造しているのです。

私は社員数100名ほどの中規模の製菓業界で働いていましたが、

本文の続きは会員登録後に閲覧することができます。
また会員になることでサントリーやグリコ、ハウス食品を始めとするトップ企業の攻略コンテンツがあわせて閲覧可能になります。

無料会員登録はこちら