食品業界に入ってから始めた「自分の世界を拡げるための勉強」


image byFreepikによるデザイン

食品業界に入ったことで「豊かな食文化」を体得

私は食品業界に入ってから、流行の食べ物はもちろんのこと、話題のスポットや有名店など情報アンテナの広い先輩や同僚に囲まれて大いに刺激を受けました。

そして、食を扱っているうちにメニュー名や食材名を眺めたり、ただ食べるだけではなく、休日は料理教室に通うようになったのです。基本料理に始まり、惣菜、お菓子、野菜料理、パン、麺など数年かけて通ったことは良い思い出です。

これが私にとって豊かな食文化を体得するきっかけとなりました。

食育基本法に見る「食に関する感謝と理解」とは

“いただきます”“ごちそうさま”の本質は、おいしく安全な食品をお客様に届ける上で、業界関係者の励みになります。具体的には、内閣府で推進されている食育基本法でも以下のように制定されています。

本文の続きは会員登録後に閲覧することができます。
また会員になることでサントリーやグリコ、ハウス食品を始めとするトップ企業の攻略コンテンツがあわせて閲覧可能になります。

無料会員登録はこちら