食品メーカーへ入社した理系院卒生が経験した異動とは


image byFreepikによるデザイン

理系修士課程の修了後に食品メーカーへ入社し、新卒配属先の製品検査分析者を経て、入社3年目で購買部に所属することになったB先輩の経験談を今回はご紹介したいと思います。

理系の学生さん、理系の職種の方々は「会社に入ってから、一生理系的な(研究や分析といった)仕事ができる!」と無意識に信じてしまっている側面があるのではないでしょうか?しかし実際は、入社後のジョブローテーション(異動)によって、現場管理の仕事や事務系の仕事に就くこともしばしばあるはずです。その瞬間に備える狙いで、この記事をぜひ参考にしてみてください。

入社3年目の衝撃!突然のジョブローテーション(異動)

異動の辞令を受け取った直後は、退職も考えるほど落ち込んでしまったというB先輩。私が「やはり、ずっと理系の仕事をしていたかったですか?」とお聞きすると、少し悩んで次のように答えてくれました。

本文の続きは会員登録後に閲覧することができます。
また会員になることでサントリーやグリコ、ハウス食品を始めとするトップ企業の攻略コンテンツがあわせて閲覧可能になります。

無料会員登録はこちら