大手食品メーカーのESが通らない就活生は中小も見てみよう


就職活動では学生のほとんどが不安を抱えています。実際に私も就活を始めたばかりの頃はエントリーシート(ES)が全く通らず、「私の学歴では、就職は無理なのではないか」「学歴の高い就活生から応募多数の中、私に振り向いてくれるはずがない」と、少しずつ自信を失っていき、心が折れそうになりました。

苦労の末にようやくたどり着いた集団面接では、まわりの学生がとても優秀に見え、「私は全然ダメだ」「せっかくのチャンスを数分で失ってしまった」と自分の不甲斐なさに、帰り道で涙が出そうでした。

将来の進む道が決まらないというのは大変不安なことです。そして、このような孤独と大きな不安の中で就職活動を行っている学生がほとんどであり、決して自分ひとりなんかじゃありません。

高学歴ではない私が、そうした葛藤を経て、結果的に自分に合った会社から内定をもらうことが出来ました。今回はそんな私の就職活動の体験談をお伝えすることで、就活生のあなたに少しでも希望を見出してもらえることを願っています。

就活開始後、大手食品メーカーのエントリーシート(ES)は例外なく全滅

私は大学で食品関連の研究室に所属していたので、就職先も食品メーカーを希望することにしました。まず就職活動でエントリーしたのは、誰でも名前をよく知っているような大手企業(大手メーカー)でした。

しかし、私が高学歴で無かったためか、大手食品メーカーのエントリーシートはひとつも通過せず、「面接はいつになったら受けられるのだろう?…」「このまま面接も受けられず就職活動が終わるのだろうか?…」と、大きな不安と強い焦りに駆られていったのです。

本文の続きは会員登録後に閲覧することができます。
また会員になることでサントリーやグリコ、ハウス食品を始めとするトップ企業の攻略コンテンツがあわせて閲覧可能になります。

無料会員登録はこちら