【業界研究】食品業界にはどんな仕事があるの?


ある日の面接で就活生Aさんは「~というのが志望動機でして御社が第一志望です!」と自信をもって伝えた。面接官のBさんも「うちの企業に魅力を感じてもらえて嬉しいよ」と満足気で順調に面接が進んでいたのだったが、、、「ところで、うちに入ったらどんな仕事をしてみたいの?」とBさんに聞かれた時、Aさんは入社後の仕事内容に対するイメージがないことに気づき、あたまが真っ白になってしまった。

食品業界にはどのような仕事があるのでしょうか。実際に「食品業界に行きたい!あの食品人気企業にどうしても入りたい!」と声高に言っている就活生たちも「そこにどんな仕事(職種)があるのか?」の理解度にはかなり差が見られます。

自分自身が行きたいと思っている業界や企業に存在する仕事たち、その全体像を知ることはあなたの就職活動に役立つことでしょう。もちろん準備段階での仕事内容のイメージは想像の域を超えませんし、企業ごとに異なる特徴を持っているため、企業説明会や面接、インターンなどの現場で実態をつかんでいく必要はあります。

▼ 関連記事

食品業界の仕事内容

食品業界における各社の組織形態は実に様々ですが、その中で実際におこなわれている仕事は飛び抜けて異なるものではありません。

原材料を仕入れる →加工製造をする →流通チャネルに乗せる →消費者に販売するという大きな流れは共通しているため、その流れの中で必要な業務とそれを管理する業務は自ずと近いかたちに落ちてきます。一例として、食品企業でよくみられる仕事内容について簡単に紹介していきます。(以下の仕事・職種は食品業界に限らず他業界でも見られるもので、各社によって割り当てる業務内容や呼称が異なる点に注意してください)

仕事例1「研究開発・生産技術」

研究開発の仕事は、基礎研究・応用研究・商品化研究に分かれており、端的に言えば「こんな商品あったらいいな」を実現するものです。生産技術とは、ものづくり技術のことであり、商品化研究の成果を活かしながら、高品質で安全な食品をローコストで製造するための技術を作っていくものです。

▼ 関連記事


仕事例2「生産管理・品質管理」

生産管理は、高品質で安全な食品を経済的に生産していくための仕事です。近年、消費者の嗜好に合わせた製品ライフサイクルの短縮化などから仕事範囲は広がりを見せています。品質管理は、高品質かつ安定供給を経済的に両立させる仕事です。品質不良を出さないことで、企業に対する信頼性やブランドイメージを守るという役割もあります。

▼ 関連記事


仕事例3「マーケティング」

マーケティングは市場の開発・拡大にたずさわる仕事です。消費者の好みやトレンドの変化を感じとることで、時代に合った商品開発を手がけています。市場調査から商品企画、市場や販売チャネルの開発、新商品の広報活動や売上データ分析といったようにマーケティング業務は広範囲に渡ります。

▼ 関連記事


仕事例4「営業・販売促進」

食品業界の営業は、各社の得意市場によって形態はさまざまですが、代表的なものは食品卸会社への営業、小売店への営業、外食産業への営業などがあります。販売促進の仕事では、商品を効果的に販売する目的において、メディア活用や計画立案、広告枠の買付から広告の製作までを手がけます。

▼ 関連記事


↓ 次に紹介する管理部門(バックオフィス)は、企業の要として事業活動に直接たずさわる部門を支援する役割を担います。「強い会社は管理部門が強い」とはよく言われることです。

仕事例5「経営企画」

経営企画は、経営戦略や事業戦略の立案・実行などのトップサポートが代表的な仕事になります。ただ業務内容は各社で大きく異なっており、その中で求められるスキルにも違いが出ています。

仕事例6「経理」

経理は、取引の流れを数値で記録することで経営状況と資産状況を把握し、経営判断をするための資料を作成・整理・保管しています。事業活動に関わる全ての数値を管理・分析することで経営状況を客観的に把握できる状態をつくることがミッションです。

▼ 関連記事

仕事例7「人事・労務」

人事・労務の仕事は、最も重要な経営資源と考えられている「人材」に関わります。具体的な仕事としては、採用業務・教育研修・人事制度設計・労務管理などがあります。

▼ 関連記事

仕事例8「総務」

総務は事業活動全般を支援しています。オフィス管理やセキュリティ管理、会社の届出関係や株主総会の準備・運営など、業務範囲が極めて広く「会社の潤滑油」とも呼ばれます。

▼ 関連記事

まとめ

今回は、食品業界の企業の中には様々な仕事内容(職種)が存在することを簡単にご紹介しました。今後も、就職活動で志望動機を考えながらエントリーシートを書いたり、自己分析をしながら面接準備をしたりする中で、業界内の仕事内容について理解をさらに深めていけると良いでしょう。また、ここで大事なこととして、自分はこの仕事に絶対向いているとか、この仕事は苦手だからイヤだとか、最初から決めつけすぎないことだとよく言われています。企業活動ではさまざまな仕事が相互に関連し合っていて、あなたのやりたいことにどこかで繋がるかもしれないからです。まずは選り好みせず、全体像をじっくり把握することから始めていきましょう。

▼ その他関連記事

image byFreepikによるデザイン