人気の食品会社で営業職はどんなことをするのか?


image byFreepikによるデザイン

あなたは食品会社でどんな営業職の仕事をしたいのですか?

営業職を希望し就活に臨む方は多いと思いますが、実際に「食品会社の営業がどんなことをするのか?」を理解されていない方も多いのではないでしょうか。食品業界では「流通面」で分類すると、メーカー、問屋、小売という3つの業態に分かれます。

原料を仕入れ、加工製造を行うのが「製造業(メーカー)」、 スーパー/コンビニエンス/一般商店など実際にエンドユーザー(消費者)に販売を行うのが「小売業」、 そして製造業と小売業を繋ぐのが「問屋業」になります。

※業態(ぎょうたい)とは「売り方の違い」を基準とした分類のこと。ちなみに「売る物の違い」を基準とした分類は、業種(ぎょうしゅ)と呼ばれます。

ルート営業=楽、飛び込み営業=大変、だって思っていませんか?

あなたがどの業態への就職を希望されるかにより若干仕事は異なりますが、どの業態にも「ルート営業」と「飛び込み営業」が存在します。

「ルート営業」とは一度契約の決まった顧客に対し定期的に納品等で出向き、機会があれば新商品を紹介する営業方法です。「飛び込み営業」とは文字通り新規顧客開拓のため、取引の無い相手に自社商品を売り込む営業方法です。

ここで「それならルート営業の方が簡単かも!」と思われる方も多いのではないでしょうか。でも、それは間違いだと言えます。なぜならば・・・

本文の続きは会員登録後に閲覧することができます。
また会員になることでサントリーやグリコ、ハウス食品を始めとするトップ企業の攻略コンテンツがあわせて閲覧可能になります。

無料会員登録はこちら