もし機電系学生が食品メーカーの技術職に内定したら


機電系学生とは、学校教育の中で「機械工学」「電気工学」「電子工学」等を習得する学生たちの総称。

ものづくりの現場には「機電系」の存在がいつの時代も大きく、彼らは機械メーカー、自動車メーカー、電化製品メーカーをはじめとして、化学系メーカーや食品メーカーなど幅広いフィールドで活躍しています。

食品業界(食品メーカー)に限らず、製品を製造するために製造機械は欠かせない存在です。製造設備を設計する会社はもちろん、機械の設計を依頼する側である食品会社にとっても設計技術者は重要な存在だと言えますが、それだけに進路・転職に悩んでしまうことも多いようです。

今回は、食品会社へ就職を考えて「就職を止めた」「就職した」「転職した」などの先輩方のお話を元に、いくつかのキャリアパターン(電子系・制御系)を考えてみることにします。

【1】食品メーカーからの内定を辞退したF先輩の話

高校で同じ部活だったF先輩は、就職活動時に食品メーカーからも内定を貰っていたそうですが、現在は自動車部品の製造メーカーでエンジニアとして働いています。食品メーカーへの就職も検討したようですが、それを取りやめた理由は…

この続きを読むためには【無料会員登録】が必要になります。
会員登録後はサントリーやグリコ、ハウス食品など、人気企業の就活に役立つES回答例や企業研究コンテンツがあわせて閲覧可能です。

無料会員登録はこちら