食品業界を志す学生は”家族と笑顔で食卓をかこむ時間”を大切にしてほしい


家族と笑顔で食卓をかこむ時間

食品業界出身の筆者は出産・子育てを経て、現在は法律事務所で働いています。そこで離婚事件・少年犯罪事件などにかかわる家庭背景を伺うと「家族と笑顔で食卓をかこむ時間」は重視されていないことが多いようです。

食品業界(少なくとも私の周囲)では「家族と笑顔で食卓をかこむ時間」は空気と同じくらい大切にされていましたので驚きでした。

業界の方々にはこれからの子ども達の幸せのためにも「食品業界から家庭を明るく!」をスローガンにがんばってほしいと思います。

父娘二代で食品業界のわが家

私の父も食品業界に携わっていました。そのせいか意識が高かったのかもしれませんが、

本文の続きは会員登録後に閲覧することができます。
また会員になることでサントリーやグリコ、ハウス食品を始めとするトップ企業の攻略コンテンツがあわせて閲覧可能になります。

無料会員登録はこちら