新卒で冷凍食品業界に就職して初めて気づいたこと


冷凍食品はスーパーで特売されているお弁当材料の冷凍食品のイメージが強いかもしれませんが、実際のところ「冷凍食品」と一口に言っても、その商品群はさまざまです。

今回は「冷凍食品の活躍」をご紹介したいと思います。

【冷凍食品は私たちの生活を幅広く支えている】

たとえば、アイスクリームはもちろんのこと、家庭の電子レンジで温めるだけですぐにお弁当箱に入れられるシューマイもあれば、コストコなどで販売されている料理の材料となる肉・魚・野菜などの素材、学校給食に登場するゼリー、大手の外食チェーン店に行けば均一の味が提供できるように冷凍の状態を加熱・加工したメニュー、スキー場のレストランや高速道路のサービスエリアなど、ずいぶんと家庭以外でもお世話になっています。

【私が冷凍食品業界に就職してから初めて気づいたこと】

スーパーの特売コーナーで販売されている、お弁当材料のイメージが強い冷凍食品ですが、私はこの業界に就職してから冷凍食品がこんなにも生活のあらゆる場面に溶け込んでいることに初めて気づきました。

また、自分が結婚して、子育てをするようになって地域社会とのつながりや横の関係が広がっても、なお実感しています。簡単ではありますが、次に「フレッシュ」「ヘルシー」「ワクワク」という3つの視点からお伝えしていきましょう。

本文の続きは会員登録後に閲覧することができます。
また会員になることでサントリーやグリコ、ハウス食品を始めとするトップ企業の攻略コンテンツがあわせて閲覧可能になります。

無料会員登録はこちら