食品衛生管理の基本「5S管理」とは何か?


昨今は食品の安全、安心について声高に叫ばれ、異物混入などの問題が起こると、巷では厳しく取り沙汰されるようになってきました。

メーカー、小売店はもちろんですが、そのパイプ役である問屋も独自の安全基準を儲け、それぞれの基準をクリアすることでより安全な食品を消費者に提供しています。

では、そのような安全基準とは具体的にどのようなものでしょうか?また、どのようにして安全基準を遵守しているのでしょうか?

食品製造現場の基本である5S管理

消費者の口に入る商品を生産する製造工場(メーカー)では、特に厳しい様々な基準が設けられていますが、基本かつ最も重要なものとして、整理(せいり)、整頓(せいとん)、清掃(せいそう)、清潔(せいけつ)、躾(しつけ)の【5S】を掲げています。

5つの言葉の頭文字が「S」の為、そのように呼ばれているのですね。一見なじみの深い言葉ばかりで当たり前のことだと思われますが、5Sは食品会社にとって「生命線」と言っても過言ではありません。

なぜなら、

この続きを読むためには【無料会員登録】が必要になります。
会員登録後はサントリーやグリコ、ハウス食品など、人気企業の就活に役立つES回答例や企業研究コンテンツがあわせて閲覧可能です。

無料会員登録はこちら