スーパーやコンビニの商品棚を見て食品市場リサーチの練習をしてみよう!


食品業界に入ると、市場トレンドのリサーチには必ずコンビニやスーパーに出かけて、それぞれの棚の陳列状況を確認します。そして各社によってその傾向は異なっており、特徴や方針が見えてくるものです。今回は、より食品業界への理解を深めて頂けるよう、スーパーやコンビニの商品棚の見方について紹介していきたいと思います。

商品棚を理解するメリット

皆さんは何気なくスーパーやコンビニの商品棚を見ているかと思いますが、食品業界でビジネスをする者としては、様々なポイントに着目して商品棚を見て回ります。例えば、食品メーカーに勤めている場合には、自社の商品を1点でも多く、棚に並べてもらうことが目標になりますが、競合他社の陳列状況、店頭での売価、どれくらい棚を占有しているかなど確認し、提案のポイントを組み立てていきます。

そうした食品メーカーへの食品原材料を納める商社の視点だと、商品棚から商品の傾向を読み取り、食品メーカーへ提案を組み立てます。例えばパスタソースのコーナーでトマトの商品が見え始めたならば、パスタソースのメーカーに訪問し、既存で使用しているトマト原料や今後の開発案件等が無いかどうか、ヒアリングしたりします。

このように、スーパーやコンビニの商品棚には、ビジネスのネタが転がっています。それでは、ここからは更に一歩踏み込んで、商品棚について理解を深めていきましょう。

棚割りと陳列

「棚割り」とは、どの商品をどこにどの程度陳列するかを決めることを指します。特にスーパーでは売り場面積も大きいので、その采配次第で店舗の売上を大きく左右する大事な仕事です。棚割りについては、店内商品をカテゴリして場所が決まったら、陳列する商品の数量を決定するのが一般的です。

これに加えて、季節ごとに売れる商品を並べてみたり、各食品メーカーや問屋を通して、またキャンペーンや販促提案に応じて、決定していきます。食品メーカーの営業マンは、この棚割りで少しでも自社商品の売り場面積を稼ぐために、売り場作りのための案内やポップやその他の装飾品や時には商品出しまで手伝って、一緒に店舗運営に入り込んだ提案をしていきます。

そうして、店舗の売上を上昇させることができれば、継続して自社商品を並べてもらえるようになります。そのため、営業先の店舗の棚割り状況や陳列を分析する力は営業力に左右します。

この続きを読むためには【無料会員登録】が必要になります。
会員登録後はサントリーやグリコ、ハウス食品など、人気企業の就活に役立つES回答例や企業研究コンテンツがあわせて閲覧可能です。 無料会員登録はこちら