コンビニの食を支える有力食品企業まとめ【後編】


いまや日本全国のコンビニ店舗総数は「50,000軒」を超えています。そんな「コンビニの食を支える有力食品企業」を業界人の目線でまとめてみました。今回は「後編」です(前編はこちら)。

※コンビニ実店舗(セブンイレブン、ローソン、ローソンストア100、ファミリーマート、サークルKサンクス@首都圏某所)における、お弁当や惣菜からお菓子や缶詰に至るまで幅広いアイテムの現場検証をもとに作成(2015年12月時点)。

コンビニの「お菓子」を作っている有力製造メーカー(例)

以下に並んでいる企業は、実際にコンビニの店頭で売れているお菓子を作っているメーカーたちです。みなさんも、「おー、この会社があの人気お菓子を作っているんだ」と思うかも知れません。

本文の続きは会員登録後に閲覧することができます。
また会員になることでサントリーやグリコ、ハウス食品を始めとするトップ企業の攻略コンテンツがあわせて閲覧可能になります。

無料会員登録はこちら