食品メーカーの組織構造を見ることで働き方や職種がイメージできる


食品メーカーの仕事内容は、本当に入ってみなくちゃ分からないのか?!

入ってみなくちゃ分からない・・・就活生のみなさんがそう考えて「入りたい企業だったから」「組織の規模が自分に向いていると思ったから」といった理由で就職してしまうと、失敗に終わることがあります。

(出典:厚生労働省「新規学卒者の事業所規模別・産業別離職状況」をもとに食品就活で作成)

大卒の離職率は常に話題になっていますが、食品メーカーでも新卒入社後「3年以内」に、これだけ多くの人々が離職してしまうのです!

内定獲得、新卒入社した食品メーカーをすぐ離職してしまう理由とは?

(出典:厚生労働省「平成25年雇用動向調査結果の概況・結果の概要」をもとに食品就活で作成)

こちらは「会社を辞めて次の仕事に就くために、ハローワークに提出する書類の理由項目」になります。赤く塗られた部分は「事前に知っておけば、入社しなかった可能性が高いであろう理由」です。

こんなはずじゃなかった!と思わないための食品業界就活とは?

こんなはずじゃなかった。。。そうならないために本記事を読んでいただいています。

■希望の業界 →【食品メーカー】
■希望の企業 →【企業名】
■希望の職種 →【具体的な部署名など】

「希望の職種に就けるなら、食品メーカーは気に入った企業でいいのか?」「希望のメーカーに就けるなら、どんな仕事でもやれるのか?」こうしたことを真剣に考えてみてください。

入社後の仕事内容を探るために「どんな部署が存在するのか」を見ておこう!

就活はとにかく苦労の連続です。入社したいと強く思っていた企業からの内定連絡があれば、「待ってましたー!」とばかりに承諾し就活はそこで終わりになりますが、そこまでの道のりは平坦なものではありません。入りたい企業から内定をいただいたなら、それは当然、そこに就職するのが一番です。しかしその前に、あなたの企業選びの中で、具体的な仕事内容を想像できているでしょうか?配属先は入社式に分かりますから「あなたがどんな仕事をするのか?」ではありません。その企業には「どんな部署が存在するのか?」なのです。

大手食品メーカーに新卒入社後、中堅食品メーカーに転職した私の失敗経験

これは私自身の経験した失敗談から来ています。大学を卒業して新卒入社した企業は、大手の食品メーカーでした。そして時を経過して、ある中堅食品メーカーに転職することになります。

本文の続きは会員登録後に閲覧することができます。
また会員になることでサントリーやグリコ、ハウス食品を始めとするトップ企業の攻略コンテンツがあわせて閲覧可能になります。

無料会員登録はこちら