これからの外食産業について押さえておくべきポイントとは?外食産業の課題や対策〜トレンド等について解説


食品業界の中でも外食産業は25兆円規模の市場規模を持ち、食品業界の成長を大きく左右する業界です。食品業界に就職を目指す皆さんにとっては、就職先の選択肢の一つとして、また将来的には自身の顧客になり得えます。今回は、外食産業の現状と課題、そして今後のトレンドについて解説していきたいと思います。

外食産業とは

食品業界では、「内食」、「中食」、「外食」と大きく3つにカテゴリー分けされています。内食は、スーパー等で生鮮原料を購入して家庭で調理すること、中食は、お惣菜等の調理済み商品を購入して家庭等で食べることを、そして外食は、外の店舗で食事ができるサービスを指します。食品業界でのビジネスは大きくこの3つカテゴリーごとにトレンドを分析し、戦略を立てていくことが一般的です。

外食産業の市場規模

一般社団法人日本フードサービス協会によると、外食産業の市場規模は25兆6561億円(平成29年度)と言われております。食品産業全体では、一般的に80兆円規模と言われていますので、産業全体に占める食品産業のインパクトの大きさは容易に想像できますね。

この続きを読むためには【無料会員登録】が必要になります。
会員登録後はサントリーやグリコ、ハウス食品など、人気企業の就活に役立つES回答例や企業研究コンテンツがあわせて閲覧可能です。 無料会員登録はこちら