働き方改革法案の前に、就活生に知っておいてほしいこと


裁量労働制に関するデータにおかしな点がいくつか見つかったことで、最近は「働き方改革法案」に注目が集まっていますね。就活生の皆さんも、長時間労働や残業代などに関するこの法案を、注目してみている人が多いのではないでしょうか。確かにこれらの法案が、今後の皆さんの労働環境に影響する可能性は十分にあるかと思います。しかし、それ以外にも、就活段階で気にしておいてほしいことがあります。そこで今回は、企業に就職する前に、知っておいてほしい労働環境について紹介したいと思います。

裁量労働制とは

最近問題になっている裁量労働制とは、あらかじめ労働時間を決めて、その時間分の給料を支給する制度のことです。この考え方自体は悪いことではありません。例えば、仕事の早い人は労働時間を短縮して、今まで同様の給与を得ることができるでしょう。また、会社側からすれば、無駄な残業を減らすことができます。本来であればあってはならないことですが、残業代を稼ぐために仕事をゆっくりしたり、仕事は残っていないのに会社に残って残業代を請求したりする人がいます。つまり、裁量労働制とは仕事量に応じて報酬を支払う仕組みなのです。

この続きを読むためには【無料会員登録】が必要になります。
会員登録後はサントリーやグリコ、ハウス食品など、人気企業の就活に役立つES回答例や企業研究コンテンツがあわせて閲覧可能です。 無料会員登録はこちら