食品商社勤務が2019年の食品業界で気になったトピックを解説!


2019年の総括編ということで、食品業界の人目線で、気になった話題についてまとめてみたいと思います。2019年は向こう10年の食品市場を占う変化が色々とあったように感じます。軽いテイストで紹介していくので、コーヒーでも飲みながら気軽に読んでみて下さい。

ニュートリションバー市場

2019年はニュートリションバーが一斉に市場に入ってきたと感じています。ニュートリションバーとは、森永製菓の「inバー プロテイン」のように、『1本で手軽に栄養やプロテイン』が補えるという商品ですね。最近コンビニで見かける商品だと、「一本満足バープロテイン(アサヒグループ食品)」、「SIXPACK(UHA味覚糖)」等がありますね。

実際、スポーツサプリメント市場の市場規模としては、2017年の出荷数ベースで474憶円ですが、年率2桁増の成長を続けています。これは食品業界の中では、凄いことで、例えば、総菜や外食といった市場の成長率は、3%程度であるため、各社急いで製品開発を始めていますね。実際、私たち食品商社にも問い合わせは急増しており、特にたんぱく原料については、世界中で原料の取り合い続いているため、正直かなり忙しいです。

今後の見通しですが、この市場は筋トレ人口が増えるとナチュラルに拡大していくと推測されます。フィットネスクラブの数にも比例してくると考えているのですが、フィットネス業界紙「FITNESS BUSINESS」の調べでは、フィットネスクラブの数は2016年は4,946店舗ですが、2018年は5,818店舗とのこと。最近は小規模店舗も増えています。2020年も筋トレ人口は増え続け、手軽に身体作りの補助となるニュートリションバー市場は活況になると思います。

完全食

皆さんは、「完全食」という言葉を聞いたことはありますでしょうか?その名の通りではありますが、人が健康を維持するために必要な栄養素を全て含んでいるとされる食品を意味します。これも先に紹介したニュートリションバーと同じく、健康志向市場への新たなアプローチとなる商品です。完全食がどういったニーズに対応するかと言うと、「色々考えずにコレ一つでバッチリ」や「不要なものは排除したい」、「食事に時間を取られたくない」といったミニマリスト中心に注目を集めています。

実際に販売されている代表的な完全食ですが、BASE FOODの「BASE BREAD」や「BASE NOODLE」は早期に市場参入しているため、認知度も高いかと思います。最近では、SNSで露出が増えている「Huel」がじわじわと市場に広がってきていますね。一方で完全食は、致命的なデメリットとして「味気が無い」という特徴と、「なんか胡散臭い」という印象が市場浸透への心理的な壁を作っているように感じます。

ただ、最近は食品ロスを減らす議論や気候変動による食糧難の発生が予測される中、こうしたムダの少ない食品の登場は、地球規模で見れば、全員が健康に過ごすためのソリューションとも成り得るのかなと想像しています。

ポテトスナック市場

スナックの代表的存在のポテトスナックは、ここ数年で大きな変化が続いています。まず挙げられるのが、原料となるポテトの供給不安が販売に影を落としている点です。2016年には台風による北海道のジャガイモの大不作、2018年にはヨーロッパで50年に1度の大干ばつが発生したことにより、輸入の海外産原料が大高騰。2019年は北米で冷害が発生し、原料の供給不足となり、それに伴い原料は高止まりした状態です。

こうした状況にあっても、メインの販売チャネルであるコンビニ向けの商売を獲得するためには、各スナックメーカーは新しい商品を次々に開発する必要があり、厳しい環境が続いています。ポテトは、大豆、小麦、とうもろこしに続いて大量に需要が生まれる農作物なので、世界規模でどこかが調子が悪いとすぐに市場が反応していまいます。

今年の北米の不作に関しては、経済界も注目する原料として今後も注目されています。ポテトスナックについては、東南アジア等の途上国でもミドル層が増えて消費が伸びており、グローバル規模での原料獲得競争が続くと考えています。

腸活

食品業界では、「腸活」という言葉も流行ってきており、ネットでもじわじわその存在感が高まってきています。私も腸活を実践して推進しているのですが、生活の質は大きく向上していると感じています。腸活は、腸内環境を整えて、本来の人間の健全な代謝を促し、内側から健康になろうというコンセプトがあります。その中心には、腸内を善玉菌優位に保ち、腸内フローラの良いバランスを保つことにあります。

腸内フローラを整えるには、例えば善玉菌である乳酸菌やビフィズス菌の多い、発酵食品中心の食事や、それらを育てるための食物繊維も一緒に摂取するといった食生活が大切と言われています。最近では、こうした腸内フローラを整えることを意識した商品も市場に投入され始めています。先に述べたニュートリションバー市場では、たんぱくの摂取を主としていますが、たんぱく質を多く摂ると悪玉菌優位になってしまうため、腸活を組み合わせることで、健康に筋力をつけることができるという流れが少しずつ広まっております。

この続きを読むためには【無料会員登録】が必要になります。
会員登録後はサントリーやグリコ、ハウス食品など、人気企業の就活に役立つES回答例や企業研究コンテンツがあわせて閲覧可能です。 無料会員登録はこちら