複数内定を持つ就活生が本当に頼れる相談先はだれか?


売り手市場と言われる状況では、「異業種の複数の会社から、内定をもらった!」という嬉しい悲鳴を上げることもあるでしょう。逆に、希望していた業種以外からの内定が先に出てしまい悩んでいるという声も聞きます。食品業界の内定時期は、一部大企業を除いて他業種よりも遅いことが一般的です。長期化する就活の間中、皆が持つ悩みでしょう。

友達だけどライバルだし…。

私は出身大学の近くで働いていることもあり、大学時代の研究室の在校生と話をする機会が良くあります。就活の悩みを相談してくれる後輩もいますが、意外と多く聞く話が「友達には相談できない」というものです。何故かというと、友達でもライバルであり、特に同じ業界を志望している場合は相談した相手が自分の合格した企業の選考に落ちてしまっていた、その逆、といったことが多く、気まずいのだそうです。

私はリーマンショック時期に新卒就活をしていた人間ですので、友達同士でも狭き門を争いあうライバル、という関係性は理解できます。確かに私も先輩や大学の就職係には相談しても、友達には「うーん、ぼちぼち」といった感じで就活の進捗を明確には伝えませんでした。相談するにしても、他業種を受けている友達に限られる、と言うのが正直なところでしょうか。

この続きを読むためには【無料会員登録】が必要になります。
会員登録後はサントリーやグリコ、ハウス食品など、人気企業の就活に役立つES回答例や企業研究コンテンツがあわせて閲覧可能です。 無料会員登録はこちら