外資系食品会社の就活!日本企業とはどのように違うのか?


経団連の就活協定に縛られず、また、新卒・中途に関わらず年中採用活動をしている企業として、外資系企業が思い浮かびます。特に第二外国語も得意、という方は外資系企業への就職を目指される方も居ると思いますが、日本企業と外資企業、どのように違うのでしょうか?

日本国内の外資企業で働くには、職種が限定される

注意して頂きたいことは、外資企業の多くは日本国内に研究・開発拠点を持っていないということです。つまり、研究・開発系職種を目指す場合、日本国内での就職は諦めなければいけません。また、海外拠点で就職するのであれば、当然英語はビジネス英語上級レベル(もしくはビジネスは中級でも意思疎通は滞りない状態)である必要があります。これらの確認のために、履歴書の提出や面接は全て英語で行われることが多く、面接前にTOEIC選考もあるようです。業界違いですが、電子機器メーカーではTOEIC点数の最低ラインが800点超という会社もあります。

次に、研究職・開発職以外の(営業拠点勤務者としての)営業職や間接部門職ですが、営業拠点は一般的に開発拠点・工場よりも撤退の判断が短期的・迅速に行われる場合があることに注意が必要です。これ以外に、「労働組合がない(福利厚生はある場合が多いです)」、「カレンダーが本国と合わせてあり、日本の祝日は無視される」といったケースも考えられると思います。私の大学の先輩は、アメリカに本社のある会社に就職したのですが、本社とのテレビ会議のために早朝出勤や深夜残業が発生していたようです。

しかし、中には日本国内に製造拠点を有する外資企業もあり、これらは転職サイトで日本企業と同じように探すことができます。日本法人は規模が数百億程度と小さめの傾向があるため、その条件を反映して検索すると見つかる場合が多いと思います。

日本国内営業・日本国内間接部門は、日本語対応OKの場合が多い

日本国内限定で職に就く場合は、TOEICでの選考などはなく、書類提出も面接も日本語で行われる場合が多いようです。そのため、英語が苦手であったとしても応募をためらう必要はないでしょう。ただし、先に紹介した通り、「営業拠点」はマーケットの縮小に応じて撤退が考えられます。将来的に日本からの撤退があれば、転職または別の拠点への転属も考えられますので、入社後は外国語の勉強をすることが望ましいということと、必ずしも一生勤務できる保証はないということを念頭にすると良いと思います。

長期的に働ける環境を望む場合は、その企業が日本に営業拠点を置いてからどのくらいの年数が経っているか、日本のマーケットだけでなく、東南アジア・その他の地域への輸出拠点として日本が重要視されているかを確認する方が良いかもしれません。「面接で何を質問したら良いのか分からない」という質問を受けることがあるのですが、外資系企業においては、日本拠点のグローバル戦略における立ち位置を伺い、会社の方針や今後の展望を評価して決めるのも良いと思います。


外資系企業はブラック?すぐ解雇される?

外資系企業は実力主義で、能力が低いとすぐに解雇されてしまう、整理・解雇の際に転職先の紹介をしてもらえない、といった噂があるようです。たしかに、、、

この続きを読むためには【無料会員登録】が必要になります。
会員登録後はサントリーやグリコ、ハウス食品など、人気企業の就活に役立つES回答例や企業研究コンテンツがあわせて閲覧可能です。

無料会員登録はこちら